2004.10.03

我が市の学童保育問題に進展か?~事実ならいいことなのだが・・~

金曜日、PTA運営会が終わった後、何故か校長先生に呼び止められました。

前日の校長会での教育長のお話の内容についてと前振りがあり、「いったいなんのこと?」と思って話しを聞いてみますと、
私が先日総合計画の懇談会(市長・教育長同席)において、子育て支援、特に学童保育の話をさせていただいたことに関してでした。
その折には、教育長より文部科学省の構想(一部施行中)があり、検証してみたいとの趣旨の答弁をいただきました。
すると校長先生が「実は教育長がトワイライトスクールの実施校に視察に行き、その結果を市長に報告したところ、トップダウンに近い形で、トワイライトスクールを早急に検討することになるようだ」とお話になるのです。
びっくり!
たまたま私が懇談会で質問したのと、教育長の視察が同時期だったためか、市長も早急に手をうつべきと考えられたのでしょうか。
それにしてもびっくりです。

但し、名古屋市の施行例をみると、学童保育とトワイライトスクールは大きく形態がことなっており、このままの形で当市に導入された場合はまたいろいろと問題はありそうです。
ちなみに当市には学童保育は民営の1ヶ所しかなく、学童保育を求める声は次第に大きくはなっています。
が、学童保育が実際にできても、その経済負担は難しいという本音も一部では聞いています。
だからこのシステムをそのまままねしないで、地域にあった形での導入が求められることになると思います。

トワイライトスクールについてはこちら
学童保育とトワイライトスクールの違い・問題点はこちら

うーん、難しいことになってきたぞ。子どもを預かる場所ができればいいってもんでもないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.01

名古屋のアイドル?河村たかし議員の本を読んでみた

国破れて議員あり
国破れて議員あり
posted with amazlet at 04.10.1
河村 たかし
徳間書店 (2004/07/22)
売り上げランキング: 20,321
通常2~3日以内に発送します。
おすすめ度の平均: 5
5 理不尽な議員年金!その廃止法案は受理さえもされなかったってわけ?
5 信頼に足る政治家登場!
5 正に憂国の士、坂本龍馬の再来か?

いまやTVタックルなどにもどえりゃ~出演して、名古屋弁を連発しとる「本音でちょっとおかしな」国会議員河村たかし氏の国に対する熱い思いを書いた本だがね。
この本、名古屋の某本屋では週刊売り上げベスト10にもはいっとったがね。
この手の本にありがちな、本人の立志伝はあまりあらせん。
で、議員(議員年金をかたくなに守ろうとする存在自体)と公務員(年金制度)がこの国を悪い方へ導いてしまっとるという内容がほとんどなんだわ。
読んどる内に、河村たかし氏が政治家としては「浮いた存在」なのがなんとなくわかる気がしたわ。
ほれはきゃーたることがぜーんぶ彼の本音のようにとれちゃうで。

amazonの書評の「信頼に足る政治家」だの「まさに憂国の士」だのとは多分後援者が書きゃーた感想だとは思う。
ほんでも、この本は年金制度、特に議員年金と公務員の年金をよく知らん人はいっぺん読んでみたらどうきゃ?

うっ、偽名古屋人(6年間は通学しとったんだけど・・)ではうまく書けんわぁ~(苦笑)

参考に読んでちょ~↓
衆議院議員河村たかしのホームページ

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2004.09.30

市長から電話がかかってきた~懇談会その後~

今日のお昼休み、自宅の電話がなった。
こんな時はまずセールスかうちの奥さんのお友達からであろうと思い、電話には奥さんが出た。
すると「市役所の**さんだって」と僕に取り次ぐ。

ふーん、**さんねぇ・・と思いながら電話にでると
「いつもお世話になっています、**です」
あれ、この聞き覚えある声は?
市長じゃないの。
びっくり。

昨日の日記に書いた、某市で行われている特区による保幼一元化について、誤解があるようなので説明したいとおっしゃる。
2,3分説明を受けて(内容はおおよそ納得のいくものであった)電話を切った。

びっくりしたと同時に私はひょっとして市にマークされちゃったのかな~、なんて思ったりして。(苦笑)
そういえば、市主催の合併説明会でも私が質問したところ、返答が協議会事務局から返って来たこともあったっけ。

ま、とりあえずなんでも「返答」をしてくれるということには◎を差し上げたい。
だけど残念なことに市民参加についてはなーんにもいわなかったな、市長さん。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.09.29

市総合計画策定懇談会~市民をなめているのか?~

今日は町内会連合会から出席依頼があり、第*次*市総合計画の策定に向けた地区(小学校区別)懇談会に出席してきました。
私の市は近隣の市町との合併を考えていました。
しかし住民意向調査(実質住民投票)で反対多数により合併協議会を解散し、単独市での存続を選択することになったのです。
つまり今回の第*次*市総合計画は本来つくられる予定のなかったものといえます。
計画策定は
・7月に住民意識調査(3000人対象)と中学生を対象としたアンケート
・9~10月に地区別懇談会
・10月~広報/ホームページで市民から意見募集
・来年3月?素案策定-土岐市総合計画審議会に諮りながら進める
・4月?市民公表→市民から再度意見を聞く
・12月市議会に上程
のように行われるようです。

懇談会は90分の予定。
まず市長の挨拶と概要説明が25分。長すぎます。
部長クラスがしゃべるようなことまでペラペラとしゃべっちゃう。
相変わらず、自分のいいところばっかりしゃべってはい終わりという感じ。
続いて住民意識調査と中学生を対象としたアンケート概要版を資料としての説明。15分。適度な長さです。
説明部分は終わってさてどうするか、と思っていたところなんと
「なにかご意見・ご要望などのある方、挙手を持ってお願いします。また意見の前には所属団体とお名前をお願いします。」
なにー?これだけで意見を求めるの?それも一切の区切りもなしで?50分?
ははーん、また形だけの懇談会にするつもりだな。
ホント智恵も工夫もないんだからなぁ~。

それでも、ぼちぼち意見が出始める。
しかし大半の方はうちの地区の道路のこととか、地区に対する地場産業振興補助策のこととかにこだわりすぎていらっしゃる。
2,3は総合計画策定にからむ話にもなったが、大体私の父親世代がしゃべっちゃうとこうなっちゃう。
はー、これっていったいなに?市政相談会や市長と語る会じゃないのよ。
分野別に話すとか、もう2人おきに順番に当てるとか、なんか手はないのか。

こうなったらと、意を決して私は挙手。
現在私はPTAに絡んでいるので、いままで誰も質問のなかった分野である教育と市民参加のまちづくりについて意見する。
教育について
・我が市には学童保育が事実上ないので、働く親に対しての子育て支援が不足している
・我が市の市立附属幼稚園は5歳児のみで、市立保育園は0~5歳児である。保幼の一元化などの想定はないのか?
・我が市の子育て支援施策は全国から見て平均的であるが「子どもを育てやすい**市」などというセールスポイントがあってもいいのではないか?
・地場産業の衰退により、新産業を取り入れ雇用創出を狙い、若い人を市に招き入れるというが、その前に子育てに関しての受け入れ態勢がこのレベルでは隣接の便利な他市に住居をかまえることにはならないのか
市民参加のまちづくりについて
・我が市の「はこもの」計画において、市民の声を取り入れるのは町内会連合会を通じてとか、公聴会とかであるが、それでは不十分なのではないか。だから施設によっては稼働率が著しく低いところがでてきているのではないか?
・まちづくり全体にもっと市民の声(有識者とか業界団体代表ばかりが市のことを考えているわけではない)をとりいれないと市民の意識はますます市行政と離れていくのではないか。
・アンケート結果で「自治会などの既存の組織が中心となり新たなまちづくり組織をつくる」という意見が多くあるが、隣の市ではもうまちづくり協議会をたちあげている。一歩ずつ手をうつのが遅くないか?
・「ボランティア・NPOの有志が中心となり新たなまちづくり組織をつくる」というのも産業観光や文化を大切にする旨の団体が現存するわけだが、それらとのかねあいはどうするのか。
・NPO法人が福祉系を除きこのまちには皆無なのはどうしてか、隣接市のようにNPOをサポートする機構も全く我が市にはないわけだが、これでいいのか。
あー、短くしようと思ったが、3分はしゃべっちゃったかな。

私が話終えた後、ある参加者から「設営が悪い、『意見をください』でずーっと待っているその態度がまさに市の姿勢と思われていてもしょうがない。これだけの人たちを連合会長の声掛けで集めたのだから、女性に先に意見を求めるだとか、産業・教育・インフラ整備など分野別に話していただくとか、何故工夫をしない。」との声が。
やった~と思い、私は思わず拍手の準備をした。
でも拍手もなーにもおこらない。
「お上にたてついてはいけない」とみんな思っているのだろうか。

各種質問にたいする回答も全部まとめてから、などとおっしゃり、ついにタイムオーバー。
教育については教育長から比較的歯切れのいい発言があり、正直ホットした。
でも私の本当に聞きたかった市民参加については回答無。うーむ。
なんのための懇談会なんだ~


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.12

志木市長講演でのできごと~怒りはおさまらない~

穂坂市長の講演に感動したあとに少し「寒い」話があったので、私はちょっと「怒り」を覚えました。
どうしても書かずにはいられないので、ここに記しておきます。

そもそもこの講演は「中濃まちづくり志縁塾」と言って、「NPOなんでもサポートセンター岐阜」というNPO法人が県との協働事業として、志縁塾の中の第5回目として行われたものでした。
私は「NPOなんでもサポートセンター岐阜」の関係者からお誘いを受け、これまで1,4回めを受講してきました。
主なメンバーはNPO法人関係者、自治会などの地縁組織にかかわっている人たちがほとんどでした。
正直言って人数は少なかったんです。20数名がコアメンバーって感じです。
地域密着系というか、親しみがもてるものでした。
毎回の講師も、それをふまえながらお話をしていただき、私も大変ためになりました。

ところが今回、穂坂市長の講演ということで、新聞の地域版にも大きな記事が載りました。
また主催者側もいつものメンバーだけではもったいないとお考えになったのでしょう。
いろいろとメールなどでお誘いをかけられたようです。
(私のところにも3系統から同じ内容でお誘いがきました)
その結果、当日は60名以上の参加がありました。
会場に入った瞬間、いつも姿を拝見しているリタイア組?のおじさんたち(すごくまじめにまちづくり協議会のことを考えられています)や、NPOにかかわっている私と同じ年代のひとたちがあまり視野に入らず、なんだか違和感を覚えました。
それにいつもはつける受講者の名札を今回はつけませんでした。何故?

すると私の予感はヒットしたのか講演中いつもの雰囲気ではありませんでした。
市長の話にうなづいたり、笑ったりする人がいるのは自然なことですが、すごくオーバーなリアクションの方がいらっしゃいました。また、「そうそう」「うんうん」と人に聞こえるような声を出していらっしゃる方の存在もありました。
また一番前の正面に座って、ちょっと「デカイ態度」で聞いていらっしゃる方もいらしゃいましたし、一番前の列なのに、横の方とお話(小さな声でしたが)されるいつもはみかけない女性たちがいらっしゃいました。
何かヘンです。

講演が終了し、質問の時間になりました。
「質問はございますか?」との問いにいきなり
「はい、はい、はいーっ」といきなり後ろの方から大きな声がするではありませんか。
振り返れば、私より若いかもと思われる元気のいいお兄ちゃんでした。
同じ声質からして、うしろから聞こえた「うんうん」「そうそう」は彼のことばだったのでしょう。
(これははっきりとは確認していないので、違っているかもしれませんが・・)
彼はマイクをスタッフからもらうなり
「質問が多いと思い、いきなり大声をださせていただきました。」
「**市議会議員のものですが・・」と質問を始めました。
質問はさすがに市議会議員だし、ここまで来て話を聞いてなにか得ようという思いはびんびん伝わってきました。
続いての質問者。
今度は最前列でちょっと「デカイ態度」の彼が発言。
この方も「うんうん」「そうそう」組でした。
「**市会議員(他県だったな)のものですが」と名乗らずに発言。
さらに今度はみかけない女性の一人が「**市会議員ですが」・・。
志木市の施策をいろいろお聞きになる。
あ、わかった。
彼らは市議会の答弁中にやじったり「うんうん」「そうそう」をやってるからなのか。
しかも自分の名前さえ名のりゃしない。
いったいどういう態度なの?これは。

最後の質問者であるの岐阜県職員の方は住んでいるところと氏名をはっきりといわれ質問された。
ま、これはよしとしよう。

結局、いつものコアメンバーからはひとつも質問できなかった。
いったい、なんのために「まちづくり志縁塾」なんてやってるの?
そりゃ「いいたいことがあるならもアピールしてでも言うべき」というのは筋でしょう。
しかしこんなプロの周り(行政マンと議員)では「こんな質問恥ずかしいかも」なんて思ったら、質問できませんよ。

一体、この志縁塾の目的はなんだったの?
たくさん人が集まればそれでいいの?
穂坂市長が公演中におっしゃっていたように「市民力」を高めるための講座じゃないの?

私は怒りを覚えたまま、帰路につきました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

埼玉志木市長の講演を聞く~市町村が元気でないといけないけど・・~

昨日は、「市民との協働による地方の自立~自治体業務は90%NPOや市民に移管できる~」という
テーマで改革派市長で知られる埼玉県志木市長の穂坂邦夫さんのお話を伺ってきました。

内容をかいつまんでお話しますと、
行政の基本は市町村にある。
・「地域コミュニティ」である市町村が国の土台であり、そこに体力がなければ国は衰退する
・現在の地方自治は50年ほど、そのまま→制度疲労をもう起こしている
・キーワードは「人の金」
   納税者は納めてしまえば、その行き先をあまりにも気にしない。
   一方で納められた税金を使わせていただく側(行政)もお金を使うことに意識がなさすぎ。
   今は「金」が市町村にはなくなってきた→今がふんばり時、市民みんなでいろいろ考えなければ・・
・「地域コミュニティ」の力を増すには
   行政と住民の距離を近くする
元気な市民をつくる
その地に残る環境・文化・歴史を大切にする
とにかくはなしはまちづくりの多義にわたりましたので、大筋だけ書いてみました。

でも、とにかくすごい市長でした。
最後に彼のことばの中ですごく心に残っていたことを2つ書きます。
1.「情熱と希望がなくなると、人は老いていく」←えーっと出展を忘れました。
2.市民はオーナーであり、市長はシティマネージャーである
  だから、私はいつも施策を決めると市民の考え方と本当に同じだろうかと「畏れ」を感じる。
2.の意識なんて全国の市町村長の何人が思っているんでしょうかね。
でも、聞いて元気が沸きましたし、「さぁ、私のできることは?」とも思いました。
決して話しが上手は訳じゃないけど、ホントにすごい講演でした。
ちなみに講演には多くの市議、地方自治体職員がいました。
聞いたんだから、役にたたせてよねぇ~。市民もがんばるからさぁ~。
ご参考までに・・
志木市役所→市長の部屋

どの子も一番になれる―本当の学力とは何か
穂坂 邦夫
幻冬舎 (2004/03)
売り上げランキング: 204,811
通常2~3日以内に発送します。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2004.09.08

夏休み科学作品について

夏休みの宿題(今は一研究もしくは一作品で強制ではないらしい)である、理科の自由研究。

私はこれが案外好きである。
幸いにも遺伝なのか、私の子ども達も、りいやがらずするので今年は3人!とも行った。
内容はここでは省くが、子どもが興味があるテーマを選んで、夫婦でサポートした。
今はインターネットや図書館でいろいろなデータや実験の方法を入手するのは簡単である。
でも、それをアレンジするのが、一苦労。子どもと一緒に頭を悩ませ、いろんな実験をした。
夏休みの最後にまとめてファイルをつくりおえると、子どもと一緒に「やった~」といいたくなる。

ま、子どものことにそこまで手を出してという話もあるが、私の学校の「自由研究の手引き」には
「親子で協力してやるのもよいでしょう」と書いてあるから、かまわないかな~。
こんな親だと「子どもの自立」はホント難しいかも。(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.01

敗北からの創作~一市民ができること再考~

敗北からの創作
敗北からの創作
Posted with amazlet at 04.09.01
明川 哲也
幻冬舎 (2004/06)
売り上げランキング: 5,411
通常24時間以内に発送します。

元叫ぶ詩人の会「ドリアン助川」こと、明川哲也のアメリカ3部作最終作品。

『ブッシュを平和的に大統領の座から引きづり降ろす方法とは? 「アホでマヌケなアメリカ白人」を上回る、過激で笑えて思わず納得の問題提起。「創作」によって世界的な暴力に立ち向かえ!』
と過激な帯がある。

読み終えると、過激な帯に反して、なぜか切なさを感じてしまった。
明川氏は「創作によってアメリカを世界を変えよう」と訴えている。
しかも私たち市民ひとりひとりが1通の手紙を書くことによって、それぞれの創作が作品となり、世界を変えるんだと。

この本を読んで、読者が本当に明川氏の呼びかけに答えられるのか。
なんだか、とっても気になるのである。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.08.29

子育て支援ブログ

聞きかじりさんのブログを読んで発見しました。
「ジャンバラヤ」は、保育園・幼稚園、学童、小学校など、カテゴリーごとの元記事にトラックバックをつけていただくことによって、子育てに悩み、考えている方たちのブログをつないでいくトラックバック集ブログだそうです。

趣旨はわかるけど、なんだか議論とか、新しく生み出すものが多そうにはみえない気がするのは僕だけでしょうか。
掲示板の様に意見が集約しないような気もするんだけど。
とりあえず、分野ごとのコーディネーターに期待ってところかな。
とりあえず、私の知り合いのこういうことが好きな方にはこのブログの存在を伝えておきました。

って人にいうだけではだめなので私がトラックバックしてみよっかな~

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.08.28

もう行政には頼れない~社会起業に期待~

社会起業家―社会責任ビジネスの新しい潮流
斎藤 槙
岩波書店 (2004/07)
売り上げランキング: 3,691
通常24時間以内に発送します。
おすすめ度の平均: 4.5
4 企業もNPOも
5 「よいアメリカ」を知る

小泉首相が「この国の国民はホームレスでも、失業者でも新聞を読んでいる。こんな識字率の高い国はないんじゃないか」と自慢げに語ったと、ちょっと前の新聞記事で読んだ。
だけど今の義務教育はどんどん予算が削られている現実がある。
自分の子どもたちが通っている学校で、それをすごく感じている。
確かに国も地方自治体ももう予算は非常事態である。
でも、「ひとづくり」は「まちづくり」、「くにづくり」につながる大切なことではないか?暴言かも知れないが、福祉や介護と初等教育にかける予算のバランスを見直したらとも思う。

そんな中読んだ本がこれ。
こんな社会全体の利益を重視した企業がたくさんあらわれればいいなぁ。

いいなぁ、と傍観者ではいけないんだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«PTAの研究大会に行ってみました